• Quest-Comインタビュー大久保正幸

自分の経験から本当にやりたいことを見つけられたらいいなと思います。
そのためにも視野を広げることが大事です。

エンジニア
技術部 大久保正幸

自己紹介をお願いします。

Quest-Comに入社して1年目になります。
前職はスマホの品質保証に関する仕事をしていました。お客様のところで起こったスマホの不具合を直すために“ここを直してください”という指示を工場に伝えたり、なぜ壊れたかを解析する、いわば工場とお客様をつなぐ役割のような仕事でした。
この仕事のなかで“何個作って何個不具合がでたか”という良品率を管理するシステムを発注する側だったのですが、そいういったシステムを自分で作りたいなあと思ったのがきっかけで技術職に転職しました。

お休みの日は何をしていますか?
ウクレレの練習 サイクリング ジョギング
好きな映像作品はなんですか?
トランスフォーマー 世界の果てまでイッテQ!
どんな人と働きたいですか?
人柄、性格が良く、自分の意見をしっかり持っていながらも、周囲の人のいろいろな考え方を受容できる方
今一番欲しいモノはなんですか?
ウクレレの備品

Quest-Comの研修期間についてお聞かせください。

研修期間中についてお聞かせください。Javaなどのオープン系のプログラミングから始まり、簡単なwebサイトを作成、仕様書の作成からプログラミング、テストと実際のプロジェクトに即した内容になっていました。
研修をやる前は一連の流れがまったくわかっていませんでした。わからないまま現場に出てしまったら、次は何をするのかというイメージがつかめなかったと思います。


初めて行った現場はどうでしたか?

初めて行った現場はどうでしたか?物流システム関連の仕事をしていました。具体的には顧客発注データの変換処理、納品伝票関連のシステム開発に携わっていました。
業務の中身としては、プログラミングからテスト工程までを担当していました。実際に自分で作ったシステムが正しく動作して、先輩より褒めて頂いた時は達成感でいっぱいでした。
業務を行う上で、特に重要だと感じた事は、要求されている仕様を正確に把握する事です。プログラミングやテストは、設計書に沿って行いますが、自分の思い違いや理解不足によって欠陥のあるシステムになってしまいます。
これは、仕事だけに限らないと思いますが、少しでも不明な部分は確認し、自分の理解した内容に誤りがないかどうかを関係者に確認するようにしています。


現在の業務内容を教えてください。

現在のお仕事内容を教えてください。現在は物流システムのプロジェクトも終わり、別の現場に移ります。
初めての現場が終わって反省する点としては、決められた期限までに作るのが大変で焦ってしまうことがありました。経験が少ないということもありますが、そこで焦ってしまうと仕様書を見落としたり、中途半端な状態で見せることになり、結果的に修正する点が出てしまいます。
忙しい状況下でも、冷静に仕様を読み取り、少しでも不明点がある場合は事前に 確認して、プロジェクトがスムーズに進むよう心がけています。


就職活動中のみなさんへメッセージをお願いします。

就職活動中のみなさんへメッセージをお願いします。自分には何が向いていて、何が出来るのかをまだわからないかもしれません。しかし、まずは今までの自分の経験から自己分析をしてみて、本当にやりたいことを見つけられたらいいなと思います。可能なら選択範囲を広げるためにも、セミナー等にたくさん参加して視野を広げることも大事だと思います。
就活中は辛い事が多々あると思いますが、七転び八起きで頑張ってください。