• Quest-Comインタビュー

怒られまくった経験が今に活きています。
コツコツ出来ることが大事です。

エンジニア
技術部 杉山大輔

自己紹介をお願いします。

入社8年の杉山です。まったくの未経験からの入社です。3か月の研修期間を経て社内に半年、その後現場に出て5~6年で社内に戻ってきて、2、3年目です。
この業界に入ったきっかけは、友人が先にIT業界に就職をしていたのですが、かなりキツイと弱音を吐いていたんです。そんなに大変な仕事なら挑戦してみようかと思い応募しました。

お休みの日は何をしていますか?
散歩
好きな映像作品はなんですか?
どんな人と働きたいですか?
ガッツのある人
今一番欲しいモノはなんですか?
自転車

Quest-Comの研修期間についてお聞かせください。

研修期間中についてお聞かせください。とにかくまったくの未経験で入ったので、本当に0からのスタートでした。本も最初の20ページぐらい、環境構築でつまずいて…って感じですね。
それまでインターネット見るぐらいしかパソコンに触っていなくて、タッチタイピングも面接した日に始めました。面接の時のテストもさんざんでした。
何を質問すれば、問題が解決するか分からずに苦労したのを覚えています。


初めて行った現場はどうでしたか?

初めて行った現場はどうでしたか?携帯キャリアのサービスをつくる仕事でした。具体的には「プラン変更」とか「登録」とかのweb側ですね。先輩社員も一緒だったのですが、研修のときよりずっと怒られてましたね。プロセスをちゃんと捉えてなかったり、確認事項が抜けていたり、1日30回位怒られてました。
大変厳しい先輩でしたが、仕事の後はいつも飲みに連れて行ってくれて、そこでもわからなところを何度も質問させてもらいました。
研修で理解出来なかった部分も、この期間にようやく理解し始めたり。
この現場での期間がなかったら、今の自分にはなれなかったと思います。大切なターニングポイントになりましたね。


現在の業務内容を教えてください。

現在のお仕事内容を教えてください。社内で開発したシステムのリリース後の保守作業が3件あります。そのうち2つは自分で開発したもので、1つはリーダーという立場でやりました。あとはサポートしている案件が1つあります。
また教育係も担当しています。一人で現場に行っても通用するような人を育てたいと思っています。
仕事で自分の下につく人には、その人の能力よりちょっとだけ上のもの、手を伸ばせば届くぐらいの仕事をお願いしています。


就職活動中のみなさんへメッセージをお願いします。

就職活動中のみなさんへメッセージをお願いします。プログラムを書く場合、たくさんの見えない状態を把握して作業をするので、そういう見えない部分を洗い出したり、把握したりするのは誰でもできる事ではないかも知れませんね。
コツコツしたものをコツコツやるのが苦じゃない人が向いてるかもしれません。プラモデル作るの好きだったんですけど、プラモデル作れる人は出来ると思ってます。ちょっとずつ作っていって喜びを感じられる人は出来るんじゃないかなあ。

昔、ゲームを作る職業にプログラマーというのがあるのを知って、プログラマーになりたいって小学校の時に書いたのを最近思い出しました。
はじめはみんな未経験なので勇気を持って一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?