• Quest-Comインタビュー鈴木航

厳しいですよ、やっぱり。頭の戦いばかりなんでね。
覚悟が必要です。

エンジニア
技術部 鈴木航

自己紹介をお願いします。

前職はとある旅行雑誌の編集で日帰り担当をやっていて、電話取材とか添乗で一緒に行ってものを書いたりしていましたが、違う仕事に就きたいなあと思ったのが27歳ぐらいのときでした。もともとコンピューター系が好きだったので。この会社に入って7〜8年ぐらい経ちます。

お休みの日は何をしていますか?
家族サービス
好きな映像作品はなんですか?
なし
どんな人と働きたいですか?
偏差値の高い人
今一番欲しいモノはなんですか?
やさしさ

Quest-Comの研修期間についてお聞かせください。

研修期間中についてお聞かせください。ここの研修、やはり厳しいものがありまして、手取り足取りというよりはまあその当時は自分で積み重ねて評価をもらっていかないと生き残ることは厳しかったですよね。研修生が入れ替わり立ち代りもしたし、やろうと思って入ってこないと研修はなかなか厳しかったですね。
それなりの根性値を持って来てもらわないと、なんでもかんでも受け身で座学で教えてもらえるわけじゃないんですよ。

できればコンピューター好きで比較的頭を使うことが苦労じゃないよって人がいいと思います。


現在の業務内容を教えてください。

現在の業務内容を教えてください。とある金融機関で内部の仕事をしています。

新人の仕事はすべてチェックをしています。チームの納期が決まっているので、もしそこまでの成果が達成出来なかったら誰かがカバーリングとかキャッチアップしなくちゃいけないですから。それがうまくいかなかったらどんどん溜っていって、出来ることも出来なくなっちゃう。

一人ずつの作業範囲が決められているから、僕らが思っているより進みが悪いねっていったら、進みをよくしなくちゃいけないし、出来ない人がいたらそれをフォローしています。


現場にいる新人さんなどに教えるとき気をつけていることは?

新人さんなどに教えるときに気をつけていることは?人それぞれですね。きつく言ったからってうまく伸びない人も、きつく言わなきゃダメな人もいて、ここまでわかってるんだったら次はこういうふうなことを言ってみようという試行錯誤をします。時間という名のお金が絡んできてしまうので、なかなかうまくいかないとこではあるんですけどね。


就職活動中のみなさんへメッセージをお願いします。

就職活動中のみなさんへメッセージをお願いします。気軽に来ていただくのはいいんですけど、自分を大事にして欲しい。自分の本当にやりたいことを見つけて欲しいなと思います。Quest-Comは自分のやりたいことを言えば、それを通してくれる会社です。それを負う責任も大きいですし、意識も高くないと。一人ひとりの役割をしっかり持って生きていかないと。覚悟が必要です。